FC2ブログ
プロフィール

yoshimayo

Author:yoshimayo
官能小説の朗読会での朗読内容や寄せていただいた写真を気ままに載せてます。
のんびり温泉一人旅(が、多い・・・)気の向くままなので、気まぐれ日記になると思いま~す。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blog Ranking

読んでくださってありがとうございます。

FC2Blog Ranking

これからもどうぞよろしく。

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
温泉大好き。のんびり大好き。楽しく過ごしたことや、いいなぁ、と思った事を綴っていきたいです。ステキな空想で楽しんでいただけるといいな。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
理由
織口薫が結婚しない理由がある。
守口香織が結婚しない理由がある。
それは、2014年9月に海外取材に行った時の出来事である。
直行便で1時間半、とにかくご飯がおいしいというリポートで
番組を盛り上げた。

その宿泊先近くのバーで取材スタッフと飲んでいる時に
現地コーディネーターの女性に誘われて別の店に移動した。
そこはホテルの地下にあるバーで、日本語もある程度通じた。

男性スタッフたちは、接客にきた店の女性スタッフと
カラオケのステージに。
薫は、その盛り上がりぶりを横目で楽しみながら
コーディネーターと恋愛の話で盛り上がる。

「アメリカで黒人の男性と盛り上がってそのまま・・・」
という赤裸々な話に、思わず引き込まれた薫。
「カオリンも一度味わってみた方がいいわ。あなたなら
みんな優しくしてくれるわよ。」

「なにをバカな。」と笑ったものの顔は引きつっていた。
いつの間に来たのか、コーディネーターの隣に
黒人男性が肩を抱きながら座っている。
薫の隣にも黒人男性が座ってニタニタ笑っていた。
慌ててカラオケのステージに振り向くと
男性スタッフたちはもうそこにはいない。

立ち上がるとよろけて隣の黒人の腕に支えられた。
「どこ行くの?カオリン。今夜は上の部屋でお楽しみよ。」
すでに、黒人の右手が薫の胸を包み
左手が腰をおさえて、耳元に息を感じる近さにある。
「サミー、優しくしてあげてね。」
「モチロン。」
すっぴんかおりん
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
【2016/02/22 16:07】 | ちょいセク | トラックバック(0) | コメント(2) |
撮影
20150110mayo02.jpg

「Tシャツのモデルになって写真撮らせてよ。」
「私でいいんなら喜んで。」

3種類あるTシャツ。
普通のTシャツを着て比較を撮るという。

胸にプリントされている写真を撮るのに
カメラが近づく。
胸ぎりぎりでシャッター音とフラッシュ。

布1枚だけ挟んでブラジャー姿。
カメラマンがバストトップの位置にカメラが来る。

「オッケーオッケー、顔も緊張がとれてきたね。」
「ホント?」
「うん、いい表情だよ。」シャッター音

「まだ着替えなくて大丈夫?」
「うん、もう少しこのTシャツ撮らせて。
上から撮るから目線ちょうだい。」

カメラを見上げる。
「いいね、かわいい。ちょっと膝くずして横座りして見上げて。
そうそう、前に手をついて。」

胸元開いてがブラが見えてるはず。
「うわあ、興奮してきた。」
「ほんと?こんなおばちゃんで?」
「いや、だってタエちゃんやで。」
「あはは、そうや私や。」
和やかに撮影が進む。

「なあ、Tシャツのしたから右手を入れて左肩つかんで。」
Tシャツがめくれておへそが見える。
それをカメラマンの彼が写真に撮る。

「両手で裾を持ち上げてブラ見せて。」
「こんな感じ?」
「OKOK、ブラつけてま〜す、ってのが撮れてる。」
ちょっと照れ笑いするとほめてくれるのが嬉しくなる。
気分が乗ってきたのか舞い上がってきたのか
どんな要求でも受け入れられそうになってくる。

「じゃあこのTシャツはOK。」
「着替える?」
「うん、下は濃いめのブラがいいな。」
「あ、それないかも。」
「じゃあノーブラでできる?」
「え〜、」
「うそうそ、今のブラでいいよ。」
「言ってみただけ、ノーブラでもいいよ。」
「お、ありがとう。でもブラ付けてて。」
「え?私のノーブラじゃいや?」笑いを取れた。

着替えると言ってもTシャツだけ。
「じゃあ窓際に立って。」
身体のラインが窓からの光で浮かび上がる。

「いいな。ブラを使えてることがわかる写真が撮れた。」
「ブラ外してみる?」

「ホント?やってくれる?」
「いいよ。」一連の動きにシャッター音が続く。
外したブラを見せる。

「じゃあ、Tシャツの下から両手を入れて両胸を隠して。」
「こんな感じ?」

言われた通りにやると、Tシャツがずり上がってへそが見える。
下からあおるようにカメラが撮る。

「じゃあ、Tシャツの裾引っ張ってカメラに下からの胸見せてよ。」
「ええ?見えない」
「乳首は見えないから大丈夫。見えない方が写真にはいい。」
「難しいな。ちょっとずつするから見えないのを使って。」

不意にカメラが正面に来てシャッターが切られる。
「おお、ノーブラTシャツの写真が撮れた。」

「目線が下に固定された方がいいな。」
カメラマンの彼がズボンを脱いだ。
股間のものが勃ってるのがわかる。
ためらいもなく、パンツも脱いだ。

つい彼のものを凝視してしまう。
それを彼が写真以収めていく。

「今度は、風呂場で撮ろう。」
催眠術をかけられたように彼に従う私がいる。

20150101mayo01.jpg

「たえちゃんキレイや。」
何度も彼が言ってくれるうちにその気になる私。
旦那からは何年も言われていない言葉。

20150110mayo01.jpg
【2016/01/17 16:57】 | おとなのレク | トラックバック(0) | コメント(0) |
同じチームサポーター同士


同地区で、他局ながら同じ地元スポーツチームを応援する
番組のコーナーを持つもの同士がこのたび結婚を決めた。

地元スポーツチームが縁で、アナウンサー同士の結婚と
あって、祝福ムードかと思いきやファン心理は複雑らしい。

長らく地元チームの応援番組を担当していた女性アナが
昨年10月に報道局に異動になったことで、二人に距離が
できたことで、かえって結婚へのきっかけになった模様。

ちなみに両局のアナウンサー同士の結婚は今回初めて
ではない。
【2016/01/17 13:31】 | 気の向くまま日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
不覚にも
morigkaor13.jpg
よしかわ真世さんが
美しい顔の眉間にしわを寄せて
オレのチン●をおまん○にくわえこんでのぼりつめる姿に
我慢しきれず3回目の射精を果たしてしまった。
あのよしかわ真世に
中出し3発。
心地よい満足感と達成感とよしかわ真世さんの
おまん●が、軽く痙攣するように
いつくかの輪があるように何カ所かを締め付けてくる
締め付け感を味わいながら、
大きな息の度に揺れる乳房の肉を眺めながら
柔らかく揉む。乳首をつまむ。
よしかわ真世さんが
下からオレの首に腕を巻き付けてきて
「私ばっかり気持ちよくなってごめんなさいね。」
と唇を押し付けてきた。

「ううん。オレもスゴく気持ちよかった。
こんな短い時間で3回も出すなんていつぶりだろうね。」

「ホント?恥ずかしいけど、よかった。」
その言葉と一緒に柔らかくなったオレのちん●を真世さんの
おまん●がヌルリと吐き出した。

瞬間目を閉じてあごを上げるのもかわいい。
すぐに目を開けて恥ずかしそうにオレの胸の下に潜り込んできた。
ふだん清楚な明るい女性のよしかわ真世が
バージンの少女のような恥じらいを見せるのがたまらない。

ケツのバージンはまた次回だ。
そう思いながらよしかわ真世さんの
身体から転がり降りて隣に寝た。
よしかわ真世さんが
すぐにオレの腕に腕を巻き付けながら
左手の中指でオレの胸の上を所在無さげに滑らせ続けた。

オレの左腕にはよしかわ真世の
柔らかい乳房の感触とほんの少しだけ温度の違う乳首の感触を
感じている。けだるいが心地よい満足感に目を閉じた。

そのまましばらく眠ったらしい。気がつくとよしかわ真世が
隣にはいなかった。シャワーを浴びる音が浴室の方からしている。
オレの頭の中ではよしかわ真世さんの
乳房、乳首、へそ、陰毛、その下で淡いピンクにほんの少し開いたおまん●、
そして排泄器官としてだけ使われてきてひっそりとすぼまった肛門を
何度も思い出して反芻していた。それだけでまた勃起してくる。

浴室のドアを開ける音がした。
このまま服を着て帰ってしまうのだろうか。
それはそれでもいい。
帰ろうとしたところを後から抱きしめて引きずり込めばいいだけだ。
【2015/12/02 07:10】 | ちょいセク | トラックバック(0) | コメント(0) |
一緒に
よしかわ真世
よしかわ真世さんに
ずっと憧れて好きすぎて、写真を手に入れた日には
1日に3回も写真を見ながらセンズリした話までした。
そのよしかわ真世さんが
そんな話をしたにもかかわらずオレの部屋に来たのだ。
アレは夢だったんじゃないかと思うくらい。
真世さんもお酒が入っていたからかもしれないが
いつも以上に明るいノリで部屋に来た。

我慢しきれず部屋に鍵をかけるや否や後ろから抱きしめて
「好きだ好きだ好きだ」と耳元で3回言ったのは覚えてる。
すると真世さんは
オレの腕の中でオレの方に向きかえり「ありがとう」と言った。
真世さんの
唇を奪いそのまま敷きっぱなしの布団に倒し込んで上着のボタンを外した。
夢中だった。憧れのよしかわ真世の
夢で何度も想像した乳房が見れる。と思うと手が震えた。
現れ出たブラジャーを押し上げて乳首をさらす。
その時だけはしばらく乳房と乳首に見とれてたのを覚えてる。
これがよしかわ真世のおっぱいだ。
48歳にはとても見えない。しみ一つない白い肌だ。
後は夢中で乳首にしゃぶりつき、もう片方の乳房を揉みまくった。
「あん、優しくして。」という声も甘く聞こえてその唇を奪った。

ジーパンのホックを外し似かかると、さすがに抵抗されたが欲望が勝った。
あのよしかわ真世が
オレの手でパンティ姿にされた足をさらしていることに興奮した。
細めのO脚だが、白く程よい肉付きの足はどこを舐めても惜しくない。
真世さんが
「電気を消して。」と手で顔を覆いながら言ったが
「こんなきれいなものを暗くして隠すのはイヤだ。」と言ったと思う。
不意に真世さんが
「シャワー浴びてくる。ね、ね、汗かいてて汚いから。」と起き上がった。
上着を脱いで、片手ではだけた胸を隠しながら、
脱げかけのジーパンを脱いで風呂場を探しに立った。

少し冷静になったオレは全裸になって、自分のいきり立つ股間を眺めた。
右手でしごく。よしかわ真世の中に
もうすぐこれを入れてやる。よしかわ真世に
オレのものを味わわせるんだ。

脱衣所でタオルを胸に当てて浴室に入ろうとしているところだった。
驚いた顔をしていたと思うけどそのまま抱きかかえて布団に連れ戻した。
明るい部屋で仰向けの彼女の両足をつかんでまんぐりがえす。
真世さんは
声もあげずにタオルで顔を隠しながら「恥ずかしい」を小声で連発した。
これがよしかわ真世さんのおま●こか
淡めの毛に彩られて少しだけ開きかけている。48歳とは思えない淡い色。
全部見てやるぜ。よしかわ真世
少し足を奥に倒すと肛門まで晒せた。あのよしかわ真世さんが
あの憧れの女が、オレに尻の穴まで見せているのだ。

柔らかい陰毛をなでた後、割れ目に指を入れてみると、少し濡れている。よしかわ真世の身体は
オレを受け入れる気だったんだ。それで慌ててシャワーなどと言い出したのか。
かわいいじゃないか。よしかわ真世。吉川真世の
おま●こに口を付けてしゃぶりまくってやった。今おれはよしかわ真世の
おまん●を舐めているんだぞ。大声で自慢したいくらいの気分だ。
堰を切ったように奥から汁が流れ出てくる。
タオルで顔を隠して声を殺しているが、あのよしかわ真世が
おれの舌と指で感じているのだ。もう我慢できない。真世さんの
濡れそぼったおま●こに、痛いほど勃起しきったちん●をあてがうと
濡れた柔肉が迎え入れるように包み込む。
そこから一気に突っ込んだ。真世さんが
「ああぁ」という情感のこもった声を初めて上げた。あのよしかわ真世に
入れてやったぞ。感激と快感に夢中になった。
夢中になって腰を動かすと真世さんが
ピストンに合わせて「アン、アン」と声を上げ始め、
股間から湿った音が大きくなる。よしかわ真世が
やがて下からオレの首に手を回ししがみついてきた。よしかわ真世が
オレのちん●に感じている。と実感すると動きが速くなる。
そのうちよしかわ真世さんが
オレの腰の動きに下から腰の律動を合わせ始めた。
その動きとちん●を包み込む濡れた柔肉の感触に耐えきれず
真世!
「出るよ、出すよ!」と叫ぶと
「中はダメ、中は!」とよしかわ真世の
懇願する声もオレには、興奮の火に油を注ぐものでしかなく
しっかり腰を押し付けて真世の中に出してやる!真世!
ありったけの精液を送り込んだ。快心の射精だった。真世さんは
時折少しけいれんしながら大きな息をしていた。小ぶりのきれいな乳房が揺れている。
いとおしくなって乳首を口に含みしゃぶる。幸せな時間だ。
「やぁん。」小さな声を上げるのもかわいい。
「中はダメって言ったのに。」と言いながら
本気で怒っている様子はなかった。

しばらく乳房を揉みながら乳首をしゃぶった。
あのよしかわ真世さんがオレのちん●でイッたのだ。イカせたのだ。
当たり前だが48歳のこれだけの美人にも男性経験があったということだ。
オレが初めての男ではない。
オレの前にこのおまん●で、咥えたちん●があったのだ。
かわいい顔をしているのに、わかっているが女なのだ。
少し嫉妬した。それと同時に股間が回復する。
真世さんが
「中はダメだって言ったのに。もう。」けだるそうに言う。
「嬉しくて気持ちよくて。」
「もう、あん、少し休ませて。」という真世さんを
無視して乳房への愛撫を続けると乳首が固くなってきた。
真世さんの
身体を裏返して、背中を舐める。布団と身体の間に手を差し込んで
「ねえ、乳揉みながらやりたい。」
「あん、もうエッチ。」と言いながらゆっくり四つん這いになってくれた。よしかわ真世さんの
白い尻を開いて肛門を舐めた。
「いやん、そこは汚いよ。」真世さんに
「汚いところなんかないよ。ここだって大好きだ。」
「もう・・・・あん。」感じてやがる。このまま一気にオレの色に染めて
一生オレのものにしてやる。よしかわ真世はオレのものだ!
突き出された白い尻にちん●を押し当てて一気に貫く。よしかわ真世が
のけぞるように四つん這いのまま天を見上げる。

入れてやったぜ。2回目。それにしてもなんて気持ちいいんだ。
さっき出した自分の精液を書き出すように前後させる。

このまま孕ませてしまえば完璧にオレの女になるわけだ。
形よく垂れ下がる乳房に手を伸ばし乳首をつまむと真世が
また小さな声を上げた。
嬉しいほど感じてくれる身体じゃないか。
そのまま背中に密着して乳を揉みながら言ってやった。
真世さん
「なあ、オレの子どもを孕んでくれよ。」
「え?」と驚いて振り返る顔もかわいい。
そのまま腰の動きを早めてやった。よしかわ真世も
何か言おうとしたようだが、おま●この快感には勝てなくなったようだ。
肘をついて枕に顔を伏せて快感を素直に「アン、アン」と声にしている。

ズボン、という音とともにちん●が抜けた。
「え?なんでやめるの?」という顔で振り返るのもいとおしい。
「子どもはいやなんでしょ。」
困惑した顔で答えに困る顔もそそる。
再び差し込むとのけぞった。
その姿を見ながら、出入りするちん●の上で伸び縮みする菊座に指を入れた。真世さんが
驚くように振り返って頭を振るが声にならない。
「ここの経験は?」
「何を・・・言ってる・・・の。そんなところ・・・あ、あん。」

処女だ。間違いなくこっちは処女だ。よしかわ真世さんの
バージンをいただいてやるぜ。よしかわ真世さんの
バージンをいただける。
前は無理だったが、この女ならこっちだけでも十分だ。

その興奮が射精を一気に高めた。2回目の快感がやってくる。真世さんは
「またイク、イっちゃう。」と声を上げた。合わせるように
つかんでいた腰から手を放し、下で揺れる乳房を両手で掴みに行って
一気に中出しを決めた。憧れの女の乳を握りながらの射精は最高だ。

しばらく休んでから肛門を執拗に舐めた。よしかわ真世さんの
ケツを開き舐め続けた。よしかわ真世も
「もう、そんなところ、おかしいよ、変態よ。恥ずかしい。」と言いながら
いじり続けるオレの手を濡らすほど
おま●こに愛液をあふれさせて感じているようだった。

「痛いわ。指なんて入れないで。痛いの。」と言われたが
いやいや、ちん●を咥えてもらわないといけないんでね。
台所からオリーブオイルを持ってきて、
人差し指がスムーズに出入りするようになった頃には
快感を押し殺した声に変わっていた。
意地のように「痛い」を繰り返していたが声は甘い。

感じてはいけない、という奥ゆかしさもいい。
ちん●を握らせても、おどおど撫でるだけでどうしていいかわからず
口にくわえるどころか、しごくこともできない戸惑い具合もいい。
乱れきらないのがいい。
そのうちしゃぶらせてやればいい、という余裕もよしかわ真世の
アナル処女をいただくというごちそうがあったからだろう。真世
「お尻の穴でも感じ始めたんじゃないの?」
「馬鹿なことを言わないで。」と頭を振るが明らかに感じているのは明白だ。
かわいいぞ、この女。よしかわ真世。

2回も出しているのにまたちん●が痛いほど固くなっている。
iいただくぜ、いただいてやるぜ。よしかわ真世の
アナルバージン。真世ちゃん
「きれいなおっぱいで感激したよ。ねえ、ずっと一緒にいてよ。」
「わかってるやろ、私おばちゃんやで、」
たしなめるように言っているが
尻の穴の快感に戸惑って余裕がないことが明らかに出ている。
前の割れ目からは愛液があふれる。

いったんここに収めることにした。よしかわ真世と
正常位でつながった。三度目になると下から腕をオレの首に絡めて
自分から唇をあわせてきた。もうオレのものだ。
そう思った瞬間射精感がこみ上げてきた。やばい。
必死でこらえてやり過ごせた。
快感の声を上げまいと唇を押し付け続ける姿もかわいいよしかわ真世

無理矢理唇を引きはがし
「一生大切にするよ。」と言いながらピストンのピッチを上げた。
「ホント?ホントに私でいいの?」と何度も聞くよしかわ真世に
「ホントに好きなんだ。ますます好きになって行く。」
と耳を甘噛みしながら答えてやると
「あん、あん、あぁん、あぁ〜イクのイクの、イっちゃう、ああぁ。」と
細い声を上げながら腰だけを押し付けて抱きしめてきた。
おまん●この中で何個かの輪っかがあって、
その輪っかでちん●を絞り出すように締め付けてきた。
射精を耐えることができたのはよしかわ真世の
アナルバージンをいただく目的があったおかげだ。

息も絶え絶えになっているよしかわ真世に
ゆっくりちん●を送り込むと
「ああん、うごかないで。」という。
「動かないであげるから正直に答えてよ。」
「こんな時になに?」
「オレ何本目?」
「ああん、もうくだらなぁい。」
「答えないなら。」と言って腰を動かすと
「ああん、ごめんなさい!二人よふたり。」
「3本目ってことだね。」
「そうよ、答えたんだから止まって。」
「ホントかなぁ。」
「ホントよ、あ、いや、もう、またイク。」
「いいよ、イっていいよ。」
「いやよ私ばっかり、いやぁん、お願い止めて。」
言われた通りに止めてやったら、一瞬「なんで?」って顔をしたが
すぐ繕って「ありがとう。」と言いながら顔を伏せた。
動かすと
「ああん、意地悪。いやぁあやめてぇ。」と突き放そうとする。
「イキたいんだろ。遠慮しないでイっていいよ。」
「いやん、はずかしい。あ、ああぁん。」
「ねえ、何本目なん?」
「ホントにホントに3本目なの。多い?恥ずかしいわ。
初めてなのよ、こんなに・・・私恥ずかしい。」
【2015/11/29 09:29】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 次ページ
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
78103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
1114位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。