FC2ブログ
プロフィール

yoshimayo

Author:yoshimayo
官能小説の朗読会での朗読内容や寄せていただいた写真を気ままに載せてます。
のんびり温泉一人旅(が、多い・・・)気の向くままなので、気まぐれ日記になると思いま~す。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

過去ログ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

blog Ranking

読んでくださってありがとうございます。

FC2Blog Ranking

これからもどうぞよろしく。

12 | 2016/01 | 02
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
温泉大好き。のんびり大好き。楽しく過ごしたことや、いいなぁ、と思った事を綴っていきたいです。ステキな空想で楽しんでいただけるといいな。
撮影
20150110mayo02.jpg

「Tシャツのモデルになって写真撮らせてよ。」
「私でいいんなら喜んで。」

3種類あるTシャツ。
普通のTシャツを着て比較を撮るという。

胸にプリントされている写真を撮るのに
カメラが近づく。
胸ぎりぎりでシャッター音とフラッシュ。

布1枚だけ挟んでブラジャー姿。
カメラマンがバストトップの位置にカメラが来る。

「オッケーオッケー、顔も緊張がとれてきたね。」
「ホント?」
「うん、いい表情だよ。」シャッター音

「まだ着替えなくて大丈夫?」
「うん、もう少しこのTシャツ撮らせて。
上から撮るから目線ちょうだい。」

カメラを見上げる。
「いいね、かわいい。ちょっと膝くずして横座りして見上げて。
そうそう、前に手をついて。」

胸元開いてがブラが見えてるはず。
「うわあ、興奮してきた。」
「ほんと?こんなおばちゃんで?」
「いや、だってタエちゃんやで。」
「あはは、そうや私や。」
和やかに撮影が進む。

「なあ、Tシャツのしたから右手を入れて左肩つかんで。」
Tシャツがめくれておへそが見える。
それをカメラマンの彼が写真に撮る。

「両手で裾を持ち上げてブラ見せて。」
「こんな感じ?」
「OKOK、ブラつけてま〜す、ってのが撮れてる。」
ちょっと照れ笑いするとほめてくれるのが嬉しくなる。
気分が乗ってきたのか舞い上がってきたのか
どんな要求でも受け入れられそうになってくる。

「じゃあこのTシャツはOK。」
「着替える?」
「うん、下は濃いめのブラがいいな。」
「あ、それないかも。」
「じゃあノーブラでできる?」
「え〜、」
「うそうそ、今のブラでいいよ。」
「言ってみただけ、ノーブラでもいいよ。」
「お、ありがとう。でもブラ付けてて。」
「え?私のノーブラじゃいや?」笑いを取れた。

着替えると言ってもTシャツだけ。
「じゃあ窓際に立って。」
身体のラインが窓からの光で浮かび上がる。

「いいな。ブラを使えてることがわかる写真が撮れた。」
「ブラ外してみる?」

「ホント?やってくれる?」
「いいよ。」一連の動きにシャッター音が続く。
外したブラを見せる。

「じゃあ、Tシャツの下から両手を入れて両胸を隠して。」
「こんな感じ?」

言われた通りにやると、Tシャツがずり上がってへそが見える。
下からあおるようにカメラが撮る。

「じゃあ、Tシャツの裾引っ張ってカメラに下からの胸見せてよ。」
「ええ?見えない」
「乳首は見えないから大丈夫。見えない方が写真にはいい。」
「難しいな。ちょっとずつするから見えないのを使って。」

不意にカメラが正面に来てシャッターが切られる。
「おお、ノーブラTシャツの写真が撮れた。」

「目線が下に固定された方がいいな。」
カメラマンの彼がズボンを脱いだ。
股間のものが勃ってるのがわかる。
ためらいもなく、パンツも脱いだ。

つい彼のものを凝視してしまう。
それを彼が写真以収めていく。

「今度は、風呂場で撮ろう。」
催眠術をかけられたように彼に従う私がいる。

20150101mayo01.jpg

「たえちゃんキレイや。」
何度も彼が言ってくれるうちにその気になる私。
旦那からは何年も言われていない言葉。

20150110mayo01.jpg
スポンサーサイト
[PR]

【2016/01/17 16:57】 | おとなのレク | トラックバック(0) | コメント(0) |
同じチームサポーター同士


同地区で、他局ながら同じ地元スポーツチームを応援する
番組のコーナーを持つもの同士がこのたび結婚を決めた。

地元スポーツチームが縁で、アナウンサー同士の結婚と
あって、祝福ムードかと思いきやファン心理は複雑らしい。

長らく地元チームの応援番組を担当していた女性アナが
昨年10月に報道局に異動になったことで、二人に距離が
できたことで、かえって結婚へのきっかけになった模様。

ちなみに両局のアナウンサー同士の結婚は今回初めて
ではない。
【2016/01/17 13:31】 | 気の向くまま日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アダルト
76096位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
1047位
アクセスランキングを見る>>